2013年10月7日月曜日

ブルーの木の実

 

 小屋の入口の両脇に、サワフタギの株がある。毎年、春に繊細な白い花を咲かせ、初夏には、ホタル蛾の幼虫が鮮やかな色を楽しませてくれる。また、今頃の季節に、青い小さな実をたくさん付ける。その実の色から、ルリミノウシコロシの別名がある。野山では、鮮やかなブルーの果実が少ないためか、とても良く目立つ。そういえば、今頃、クサギも鮮やかなブルーの実を付けているはずだ。
気持ちの良い季節でもあるし、瑠璃色の実を探しながら散歩でもいかがでしょうか?


0 件のコメント:

コメントを投稿