2013年12月6日金曜日

X回目の誕生日


 今日もまた、一日が暮れようとしている。集落の街頭に灯がともり、車が家路を急ぐ。谷に焚き火の煙がたなびいている。最近は、このような平穏な日常の風景に魅かれる。やはり、相応に歳をとったのかな?


0 件のコメント:

コメントを投稿