2014年4月23日水曜日

今朝の庭を歩いて


 庭のテーブルとイスが、誰かが座るのをじっと待っている。今が、最も快適な季節だと言うのに猫のピーの外には誰も来ない。いっけん外国のような光景だが、それも今のうちだけ。もうすぐすると、雑草に覆われ、蚊が飛び交って、やはり、ここが高温多湿の日本であることを思い知らされる。


 昨日の夕方、庭を歩いていたら甘い香りが漂っていた。その時は、何の花からか思いつかなかったが、今朝になって、香りの源を見つけた。ダイオウグミである。無数の小さな目立たない花が咲いていて、何匹ものクマバチがあちこち飛び回りながら夢中になって蜜を集めていた。ブンブンという羽音が辺りに響いている。





0 件のコメント:

コメントを投稿