2015年7月14日火曜日

今年もヤマユリが咲いた


 朝食を食べていたら、小屋の入り口に車が止まった。百合泥棒でも来たかと見に行ったら、大きなカメラと三脚を抱えた老夫婦だった。毎年、この季節になると、お隣の杉林に咲くヤマユリを撮影しに来ているのだという。それが、二人の大きな楽しみだそうだ。おじいさんが撮影する傍らで、おばあさんは、百合に絡みついた蔦草を、優しく取り除いていた。

 ヤマユリは、今が、盛りでもっとも美しい。僕もカメラを持ちだして写真を撮ることにした。今年は、杉を間伐したのが良かったのか、例年になく見事な花を咲かせている。あたりには、甘い百合の香りが漂っている。杉の根元には、白いヤブミョウガの花が咲いている。もう紫色のアキノタムラソウも咲きだしている。それにしても、こんな見事な花を咲かす日本の里山は本当に素晴らしい。


1 件のコメント:

  1. 近くに山から掘ってきたヤマユリをいっぱい植えている家がありますが、元気がないです。やはり野に置けですね。ただ、このあたり、その人(笑)とイノシシに掘られて、山にはすっかり少なくなりました。でも、日本の里山だけじゃないですよ。カンボジアの里山には、グラリオサやノボタンが咲き乱れていました(笑)。

    返信削除