2013年10月31日木曜日

秋の夜長の楽しみ:ゲジの訪問

小屋は林の中にあるようなものだから、いろいろな虫や小動物が訪れる。それを捕まえて、図鑑で調べるのが、僕の密かな楽しみになっている。秋の夜長など、枕元にやって来た虫たちをじっくり観察してその生活を知るのは喜びですらある。今夜の訪問者は、先日のナメクジと反対に足の多いもの。「ゲジ」である。あの「ゲジゲジまゆげ」の「ゲジゲジ」である。
 このゲジは、ムカデに近い仲間だが、人を刺したりとあまり悪い事をしない。長い足を多く持っているうえに、結構、すばしっこいから嫌われ者になっているが、家の中のゴキブリやハエなど害虫を捕獲して食べてくれるので益虫と言っていいくらいだ。そう知って、まじまじと眺めると、美しいくらい造形的な形をしていませんか? エッ! そんなことない?



0 件のコメント:

コメントを投稿